電話番号
お問合せフォーム


外壁塗装の耐用年数ってどのくらい?

外壁塗装の耐用年数

訪問販売や電話のセールスなどで外壁塗装を勧められ、断ったものの
「そろそろうちの外壁も塗り直した方がいいのかな……」
「うちは築10年だけど、外壁塗装ってどのくらいもつものなんだろう?」
こんな不安が頭に浮かんだことのある方はいませんか?


いま、お宅の外壁を塗り直す必要があるのかどうかを知るためには、まず外壁塗装の耐用年数について理解しておく必要があります。外壁塗装に使用される主な塗料の耐用年数について説明しましょう。


外壁塗装の耐用年数は塗料によって4~20年と幅がある!

ひとことで外壁塗装といっても、使用する塗料にはさまざまな種類があります。使用頻度の高い塗料の耐用年数を価格の安い順に4つ紹介しましょう。

・アクリル系塗料 4~7年
 価格はもっとも安いが、耐久性は低い。汚れやすいというデメリットも。最近ではほとんど使用されない。

・ウレタン系塗料 6~10年
シリコン系塗料より価格が安く、ツヤのある外見と水はじきの良さが特徴。汚れやカビ、藻にも強いバランスのよい素材。

・シリコン系塗料 8~15年
耐久性、防汚性が高く価格も抑えられた素材。シリコン特有の光沢が美しく、カビや藻にも強い。今一番外壁塗装の塗料として人気がある塗料。

・フッ素系塗料 15~20年
耐久性が非常に高いがコストがもっともかかる。光沢のある見た目の美しさはもちろん、防汚性、防藻性も高め。塗膜が紫外線をカットしてくれるので紫外線による劣化が少ない。汚れがつきにくく、落ちやすいのもメリット。

製造しているメーカーが少ない新しい素材の耐用年数は未知数?

ここで紹介した4つの種類の塗料は大手塗料メーカーが製造しているため、複数の商品があります。そのため、耐用年数についても信用できるものであると考えられるでしょう。

これに対してメーカーが少ない光触媒塗料やピュアアクリル樹脂塗料といった新しい素材は他メーカーとの比較が難しい素材。耐用年数〇〇年とメーカーが設定していても、現時点では未知数である部分も多いのです。立地条件や気候による差もありますし、塗料は高ければ高いほどいいというわけではありません。

もちろん、新しい素材はメリットも多いので、疑問に思う点や実際の施工例などについて外壁塗装業者に直接聞いてみてもいいでしょう。良心的な業者であれば、快く教えてくれるはずです。



おわりに

いかがでしたか?
外壁塗装は「安い塗料を使って短いスパンで塗り替える」、または「高い塗料を使って塗り替え回数を抑える」という2つの方法があります。
ご予算に合わせて、耐用年数とのバランスがいい方法を選びたい!という方は東京都練馬区の外壁塗装・エムプランニングにご相談ください。
納得のいくまでアドバイスさせていただきます!
電話 フリーダイヤル:0120345022
月~土 9時~18時




このページを読まれた方は次のページも読んでいます。

他社の外壁塗装との違い

東京都練馬区で外壁塗装の事例・塗装工事の手順

東京都練馬区で外壁塗装の現場調査と塗装施工の事例

東京都練馬区で東京都練馬区で外壁塗装と軒樋交換工事の事例

東京都練馬区大泉学園町で外壁塗装・軒樋交換工事の事例

東京都練馬区で屋根・外壁塗装と雨樋交換工事の事例

↑ PAGE TOP